ノロウイルスに注意

年末から年始にかけて 全国で急性胃腸炎の集団感染が発生

原因はノロウイルスだったようです

ノロウイルスってなぁに?

1968年に米オハイオ州ノーウォークという町の小学校で集団発生した急性胃腸炎の患者の便からこのウイルスが発見されたんだって

当初は ノーウォークウイルスと呼ばれていた。

1972年に電子顕微鏡下でその形態が明らかにされ、このウイルスがウイルスの中でも小さく、球形をしていたことから

「小型球形ウイルス」の一種と考えられた。その後、非細菌性急性胃腸炎の患者からノーウォークウイルスに似た小型球形ウイルスが次々と

発見されたため、一時的にノーウォークウイルスあるいはノーウォーク様ウイルス、あるいはこれらを総称して「小型球形ウイルス」と呼称していた。

非細菌性急性胃腸炎をおこす「小型球形ウイルス」には2種類あり、そのほとんどはいままでノーウォーク様ウイルスと

呼ばれていたウイルスであることが判明し、2002年8月、国際ウイルス学会で正式に「ノロウイルス」と命名された。

 

ノロウイルスはどうやって感染するの?

 このウイルスの感染経路はほとんどが経口感染で、次のような感染様式があると考えられてる。

(1) 汚染されていた貝類を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合

   このウイルスによる食中毒の原因食品として生カキ等の二枚貝あるいは、これらを使用した食品や献立にこれらを含む食事が大半を占

   ている

(2) 食品取扱者(食品の製造等に従事する者、飲食店における調理従事者、家庭で調理を行う者などが含まれる。)が感染しており、

   その者を介して汚染した食品を食べた場合

(3) 患者のふん便や嘔吐物から二次感染した場合

   また、家庭や共同生活施設などヒト同士の接触する機会が多いところでヒトからヒトへ直接感染するケースもあるといわれてる。

 

ノロウイルスに感染するとどんな症状になるの?
 

潜伏期間(感染から発症までの時間)は24〜48時間

主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度。

通常、これら症状が1〜2日続いた後、治癒し、後遺症もなし。
 

また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もある

 

発症した場合の治療法は?

下痢や嘔吐によって失われた水分補給を心がけ 医師の指示に従う
 

現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はない。

このため、通常、脱水症状がひどい場合に輸液を行うなどの対症療法が行われる。

 

予防法は?

食中毒については 生の二枚貝は極力食べない 調理するときは85度以上による過熱処理を1分以上

調理に使用したまな板等は、よく水洗 あるいは熱湯消毒等を行った後、他の食材の調理に使用することなどにより、

他の食材への二次汚染を防止することが重要。

手洗いは、食品取扱者は常に爪を短く切って、指輪等をはずし、石けんを十分泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄。

すすぎは温水による流水で十分に行う。石けん自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はないが、

手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする効果がある。

ノロウイルスが感染・増殖する部位は小腸と考えられている。したがって、嘔吐症状が強いときには、

小腸の内容物とともにウイルスが逆流して、吐ぶつとともに排泄されます。このため、ふん便と同様に吐ぶつ中にも大量のウイルスが存在し

感染源となりうるので、その処理には十分注意する必要がある。

患者の吐ぶつやふん便を処理するときには、使い捨てのマスクと手袋を着用し汚物中のウイルスが飛び散らないように

ふん便、吐ぶつをペーパータオル等で静かに拭き取ります。おむつ等は、できる限り揺らさないように取り扱う。
 

ふん便や吐ぶつが付着した床等は、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約200ppm)で浸すように拭き取る。
 

拭き取りに使用したペーパータオル等は、次亜塩素酸ナトリウムを希釈したもの(塩素濃度約1000ppm)に5〜10分間つけた後、処分する。

また、ノロウイルスは乾燥すると容易に空中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、吐ぶつやふん便は乾燥させないことが感染

防止に重要。
 

11月頃から1月の間に、乳幼児の間でノロウイルスによる急性胃腸炎が流行します。この時期の乳幼児の下痢便および吐ぶつには、ノロウイ

ルスが大量に含まれていることがあるので、おむつ等の取扱いには十分注意。

 

高齢者や乳幼児のいる家庭では二枚貝の扱いに十分な注意が必要です

 

詳しくお知りになりたい方は労働厚生省のHPへどうぞ